REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

不動産投資信託(REIT)のリスク

不動産投資信託(REIT)は、個人が気軽に不動産に投資することが可能となった魅力的な金融商品ではありますが、もちろんリスクは伴います。投資行為自体が貯蓄と異なり、安全を約束されたものではありません。比較的に安定的と言われる不動産投資信託(REIT)であっても、元本及び分配金の保証はされていないのを忘れてはなりません。

REITはインフレに強い商品と言われていますが、経済状況の悪化や物価水準の下降に応じて、不動産賃貸料も下がる可能性があります。不動産市場の景気が低迷したり、賃貸料の変動や入居率の低下などの要因によって収益が下がれば、分配金も当然ながら減少します。

天災などによる不動産の損害、設計等の不備による不動産価値の下落など、所有不動産に何らかの問題が発生した場合にも影響を及ぼします。これは、投資をする上で最も基本的なリスクと認識しておくべきです。

金利変動によるリスクも存在します。金利が上昇すれば利払いが増加し、収益を圧迫します。財務状況の悪化は分配金やREITの投資口価格に影響を及ぼします。金利上昇で他の金融商品との金利差が縮小すれば、高利回りが魅力であるREITの優位性も弱まり、需給の変化で投資口価格の低下が考えられます。また、市場の売買高が少ない場合には、意図した価格で売買できない可能性もありますので注意が必要です。

REITは、その道のプロが運用するわけですが、「投資しておけば高い利回りが期待できる」などと楽観的な期待を寄せていてはなりません。先々の景気動向や市況の変化など不確かな要素はありますが、運用・管理まで信頼できる企業であるか、所有する不動産は優良であるかなどを見極める努力は必要です。

投資家が実際に運用するわけではないので、不動産に投資している感覚が鈍りがちですが、あくまでも、不動産投資法人を通して不動産に投資しているのだと認識し、その運用等においても投資判断の基準を決めておきましょう。

≫ 不動産投資法人とは