REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

新規上場REITを狙う

これからの投資商品として有望なJ-REITですが、企業サイドにとってもJ-REITはメリットのある市場です。J-REIT誕生から僅か5年で4兆円規模の市場になり、38もの上場するREITがあるのも企業サイドがREITに積極的に動いているからです。今後ますます上場を目指す企業がでてくるでしょう。

では、このような企業の動向に我々投資家は、どこに着目していけば良いのでしょうか。新しく上場しようとしているREITがあるのならば、これを利用しない手はありません。ぜひ新規公開株へ挑戦してみましょう。

新規公開株(Initial Public Offering)とは、証券取引所に上場するということで株式を公開しますということを意味し、「これまでは特定の人しか保有できなかった株が購入可能となりますよ」とお披露目をするのです。もちろん、投資家からの注目を浴びます。が、案外と地味に上場する企業もなくはありません。

IPOのメリットは、市場の注目を浴びやすい、公募価格が同種企業の株価に比べて割安感がある、IPO人気に便乗し評価の低い銘柄まで上昇する傾向がある、などが考えられます。ただし注意すべき点は、上場後に売りが殺到し株価が暴落する可能性ある事です。

新規上場しようとしているREITを購入に挑戦するのもいいでしょう。新規公開株を購入するにはブックビルディングに参加し、抽選に当選すれば購入の権利が与えられます。人気のあるREITは、競争率も高くなっているでしょうからなかなか当選も難しいかもしれません。

見事当選すれば、長期保有するのもいいですし、上場後、高値をつけた時点で売りに出してもいいでしょう。注目を浴びている市場のIPOは、初値が公募価格を大きく上回る可能性が高くなる傾向にあります。このことから、大きなリターンを得るチャンスがあるのです。

では、落選した場合はどうでしょうか。たとえ人気のREITといえども、高値がついた後は利益確定を急ぐ投資家の売りが入るので、初値より値が下がる可能性もあります。市場の動きをチェックしつつ、じっくりと買いのタイミングを待ちましょう。

≫ 毎月分配金を狙う