REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

不動産投資法人の仕組み

不動産投資法人は投資家から集めた資金で不動産を所有し、運用することを目的に設立された法人です。株式会社が発行する株券と同じく、不動産投資法人は「投資証券」を発行します。市場を利用することで投資法人は容易に資金を集めることができ、その資金で不動産を購入し、賃貸物件として運用します。ここから得た賃料等が投資法人の収益となり、得られた収益から経費等を差し引いた残りを投資家に分配するのです。

では、不動産投資法人は、どのように資産運用するのでしょうか。法律によって投資法人自らが資産を運用することは禁止されています。実際に不動産の運用・管理・一般事務などの業務はそれぞれの分野において専門家である外部の会社に委託されているのです。

[投資信託委託業者]
投資法人は、自らが資産運用することは法律によって禁じられているため、実質的な運用は、投資信託委託業者が行っています。委託業者は、投資対象となる不動産のリサーチを行い、投資するかどうかの判断を担う重要な立場となります。また、取得した不動産を売却したり、より高い収益が上げられるように資産を運用していくのも重要な業務となっています。

[不動産管理会社]
保有している不動産の賃貸料の管理や賃貸契約や更新といった管理をメインに行っています。また、建物の管理も重要な業務の一環で、不動産が長期に渡って使用できるように、メンテナンスなどの業務にも携わっています。

[資産管理・一般事務業務]
資産の保管業務や発行した投資証券などに関する業務を行っています。これらの業務は信託銀行や証券会社に委託することになります。


このように、不動産投資法人自体は、「器」としての役割を担っており、実際の運用・管理等は全て外部の会社が行っているのです。

≫ 不動産投資法人と株式会社