REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

阪急リート投資法人について

阪急リート投資法人は、長期的な保有を前提として資産を取得・運営し、商業用施設、事務所用施設及び複合施設を投資対象とする複合型REITです。関西圏を主な対象とする初の銘柄で、2007年1月末で関西圏(95.9%)を中心に7物件を保有してます。運営は電鉄会社スポンサーでは2銘柄目となる、阪急電鉄100%子会社の阪急リート投信が行います。

阪急リート投資法人/銘柄概要
コード  8977(東証)
上場日  2005.10.26
上場口数  69,400口
物件取得価格  528億円(7物件)
純資産額  356億円
決算期  5月/11月
投資対象  商業施設:94.3% 複合施設:5.7% 
ホームページ  http://www.hankyu-reit.jp/
資産運用会社  阪急リート投信(株)
主要株主  日本トラスティ・サービス信託銀行(株) 8,89%
 日興シティ信託銀行(株) 7,65%
第4期(平成19年5月期)予想分配金
予想分配金  14,300円(平成18年12月1日〜平成19年5月31日)
確定分配金  -円(第-期/平成-年-月期)
≫ 上場J-REIT銘柄一覧