REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

不動産投資信託(REIT)の特徴

不動産投資信託(REIT)の最大の特徴は、不動産投資法人が獲得した利益について、その利益の90%超を投資主へ還元すれば、投資法人にかかる法人税が免除される仕組みにあります。配当の原資は毎月の賃貸料であり、安定的な収益が期待できることから、REITは高利回りな配当を実現しているのです。

また、REITは株式と同じく市場で小額から売買できるので、実際に不動産に投資する場合と比べ換金性・流動性が高く、値動きについても相対的に小さいのが特徴です。運営は専門の会社が行い、複数の不動産に分散投資するので、入居率の低下や賃貸料の変動によるリスクも分散されます。収益源が安定的な賃貸料収入であるため、不動産市況や景気動向の急激な変化がない限り、株式のような大きな価格変動リスクが少ないのも魅力と言えるでしょう。

不動産投信(REIT)は、高利回りな分配金(インカムゲイン)はもちろんのこと、値動きが小さいといえ株式と同じく市場で取引されていますので、購入時期によっては値上がり益(キャピタルゲイン)を得るチャンスも有しています。とても魅力的に思えるREITですが、投資対象が不動産であるが故のリスクも当然ながら存在します。後の項で、メリットとリスクについては述べますが、投資する際は十分にリスクを理解することが大切です。

不動産投資法人の見極めも重要な要素です。以前のREITは比較的収益が安定しているオフィスビルが中心でしたが、最近では商業施設や住居系を含む複合型REITが多く見受けられます。他にも、物流施設(倉庫)を対象としたREITや、住居系のみに特化したREITもあります。市場規模が急速に拡大するにつれ、最近では運用利回りの低下も見受けられます。運用会社によって、投資先物件の組入比率や運営方針などの違いもあり、金利上昇による利払いリスク増加など、内包するリスクは今まで以上に高くなっていますので注意が必要です。

≫ 不動産投信の種類