REITで資産形成に差をつけろ!高利回りのJ-REIT入門

不動産投資信託(REIT)のメリット

不動産投資信託(REIT)は、企業、投資家の双方に特徴のある金融商品です。その特徴のもたらす不動産投信のメリットには、下記のものが考えれます。

【高利回りの分配金】
分配金の原資は、不動産投資法人の保有する不動産の賃貸料です。定期的な収入が入るため、収益も一般の企業に比べると比較的安定していると言えるでしょう。また、収益を事業運営の資金として運用する株式会社と異なり、不動産投資法人は収益から必要経費を差し引き、配当可能利益の90%超を投資家へ分配することで法人税が免除される仕組みになっています。そのような仕組みから、分配金は株式投資の配当に比べると高い利回りが期待できるのです。

【安定した値動き】
株式投資の場合、株価の値動きは景気に大きく左右され、日によって大きく動く場合があります。影響を及ぼすニュースが流れると、株価も高騰または暴落という可能性もあります。REITの場合では、収益は不動産から得られる賃貸料であり、急激な不動産賃料の増減は考えにくく、複数の不動産に分散することで安定的な収益が得られることから、値動きリスクは株式投資に比べて小さいと考えられます。

【インフレに強い金融商品】
土地価格は物価水準が上がれば、それに応じて上昇する傾向があります。同様に、REITの収益基盤となる不動産賃料も、インフレ時の物価水準にそって上昇が見込まれます。急激な金利上昇などには脆さが残りますが、相対的に見て、REITはインフレに強い金融商品と言えるでしょう。


不動産投資信託には大まかに以上のようなメリットが考えられますが、同様にリスクも存在します。投資家は将来起こりうるリスク要因をも鑑みて、冷静に判断・理解することが大変重要となります。

≫ 不動産投信のリスク